恋愛依存症の症状や特徴と克服方法

辛くて苦しい恋愛を繰り返してしまう恋愛依存症ですが、ここでは恋愛依存症を共依存と回避依存に分けてお話しています。

というのも恋愛依存症には明確な基準がなく表現の仕方もさまざまで、さらに区分する事も可能ですが、その原因となるものはほとんど同じで克服方法も似通っているからです。

さらに、恋愛依存症は病気であると断言される方もいらっしゃるので、その理由などもお伝えします。

恋愛依存症は愛情ではなく不安から成り立つ恋愛である

最近では雑誌やメディアなどで恋愛依存という言葉を目にする機会が増えたため、自分は恋愛依存症ではないかー、と自覚する人が増えてきました。

  • 恋愛は特定の人を愛し愛される関係を築く事
  • 依存はその関係に寄りかかってしまう事

この2つの事から、相手を好きになり過ぎて症状が出てしまうものと捉えられがちですが、愛情ではなく不安で成り立っているからその不安をかき消すため過剰な行為に出てしまうことを指します。

 

それがどんな不安かというと

  • 共依存=見捨てられ不安
  • 回避依存=親密になる不安

ですが、これは表向きの話でその裏側では

  • 共依存=親密になる不安
  • 回避依存=見捨てられ不安

を抱えていると言われています。

 

共依存と回避依存は全く正反対のように見えて、表裏一体、抱えている不安はどちらも同じなのです。

 

そしてこの恋愛依存のどこに問題があるのかというと、共依存と回避依存は磁石のように引き寄せられてペアになり、無意識のうちにお互いの症状を進行させてしまうからです。

依存症が限りなく進行した時、精神が崩壊します。

だから恋愛依存症が病気だと言われるのは、軽い風邪を病気とみなして本気で治すか、また気のせいだと気合で治すか、この二つととても似ています。

 

自分が依存症であることに早めに気が付けば治しやすい。

そしてどちらかが寛解すれば、相手の依存症も寛解すると言われています。

 

何でもかんでも依存症と病名を付けるのは間違っているー、という意見もありますが、今が辛いのなら依存症と言う観点から自分を見つめ直していくのも、幸せな恋愛をするための一つの方法だと私は思っています。

恋愛共依存の症状と特徴は!?

共依存は恋愛依存症と呼ばれることも多いですが、

  • 相手に認められることで自分の存在価値を見出す
  • 相手に愛されていると感じることで自分の存在価値を見出す
  • 自分が生きていく上で相手の存在が必要だし、相手もそう思っている

といった、自分の価値を自分で決めることができないために起きる症状といえます。

 

これは、もともとがアルコール依存症の家族を指したもので、アルコール依存症の夫が他人に迷惑をかけたら謝りに行くなどの尻拭いをすることに自分の存在価値を見出すため、無意識のうちに夫のアルコール依存の回復を食い止めてしまうとも言われています。

だから「今日は誕生日だから、特別ね」と言いながら夫にアルコールを差し出してしまうのが、その典型的なパターンです。

もしくはギャンブル依存症の夫にお金を差し出すのも、依存症を進行させる原因です。

 

これはそもそもの出会いに問題があり、モラハラはモラハラできる相手を探し出しターゲットにするのと同じように、共依存も依存できる相手を選びます。

だから磁石のように惹かれあうのです。

 

特徴としては

  • ~するべきという思い込みが激しい
  • 相手がいないと生きていけないと感じる
  • 相手への要求が激しく、次第にエスカレートしていく
  • いつも問題ある相手を選び付き合う

などがあります。

 

そして一番の問題は、問題ある男性を好きになり、その恋愛に苦しみながらも離れられないという所にあります。

 

  • 一緒にいても辛いだけ、でも離れる方がもっと辛い。
  • 別れた方がいい、でも別れたくない。

この正反対の感情の間を行ったり来たりするのが依存症の特徴です。

<関連記事>

恋愛共依存の服装や口癖の特徴をチェック!

重い女と言われて気が付く恋愛共依存の特徴と克服方法

恋愛依存症・恋愛共依存の恋愛パターンは決まっている!?

回避依存症の特徴と症状は!?

回避依存症は表向きには親密になる不安が強く、親密になると支配・コントロールされる恐怖が湧き出てくるため回避の行動に出ます。

  • 音信不通
  • 浮気
  • アルコールやギャンブルへの依存

などがその主な特徴になるでしょう。

でもその裏側では見捨てられ不安があるため、相手を支配するためにモラハラをする事があります。

 

回避依存は自分では気づきにくいため、パートナーが繰り返される浮気や問題ある行動に悩んだ末、調べ始めると回避依存症だったとなる事が多いです。

 

回避依存症は男性に多く、劣等感と優越感の谷間で生きて来たとも言われています。

そして気が小さいため、自分の本心を他者に知られないように隠し続け、また自分を良く見せるために他者を非難・否定する行動に出る事が多いです。

 

特徴としては

  • 人目を気にするため常に身だしなみを整えている
  • 人目を気にするため学歴・仕事が優秀である
  • 他人を平気で蹴落とすため出世しやすい
  • アメとムチを使ってパートナーを支配する
  • 親密になろうとすると逃げる

などがあります。

<関連記事>

回避依存症の特徴と脱走者・独裁者・ナルシストの3つのタイプについて

回避依存症の原因の不安と恐怖について知っておくべきこと

回避依存症の彼の本命になる方法

回避依存症の彼氏との距離感の作り方

共依存や回避依存の克服方法は!?

共依存と回避依存は、共依存のほうが辛く苦しい思いをすることから自分で調べ始め、気づくことができるので克服しやすいと言われています。

一方、回避依存は自分が正しいと信じきっているため克服が難しいと言われています。

 

唯一、回避依存症の克服ができるの可能性があるのは、共依存であるパートナーが依存を克服した時。これは克服の連鎖が起きるという研究結果も出ています。

但し、一緒に居る事でお互いの症状を進行させてしまう可能性もあるため、一概には何ともいえません。

 

他には、回避依存症の男性が何らかの強いショックを受けた時。

これは意図的ではなく偶然に相手の気持ちを理解できるようになったり、自分の非を認め克服の方向に向かう事もありますが、この可能性はごく僅かでしょう。

 

克服方法としては、依存症の原因になっているトラウマを癒す事。

 

幼少の頃までさかのぼり、その時に受けた心の傷に自分で気づき癒す。

して自分を認め大切にし愛するようになること。

 

これが全てです^^

 

その結果、パートナーの依存が克服の方向に向ったり、パートナーと別れて新しい道を進むか決まって来ます。

 

今のパートナーと一緒にいるのが辛いからと、何も気づかないで別れると、また付き合った男性が問題ある男性だったというのはよくある事。

そして父親がアルコール依存症で苦労したのに、自分のパートナーもアルコール依存だったという事も多いです。

 

これは、幼い頃に何もできなかった自分が、今度こそ何とかしたい!今度こそ何とかしてあげたい!というリベンジの気持ちが働いているからだと言われれいます。

「あの頃は幼くて何もできなかったけど、今ならできるかもー」という気持ちが、父親と同じ問題のある男性を選ぶ原因。

 

要するに、幼い頃に抱えていた感情が今も変わらず自分の中にあるのです。

 

その事に気づくだけで変化が訪れることも・・・ありますね。

但し、感情が大きく揺れ動いて苦しくなることもあるので、無理はしないこと。

必要であればカウンセラーに相談するのが最善の策だという事も知っておいて下さいね。

<関連記事>

恋愛に必要なのは距離感って分かっているけど寂しい時の対処法

潜在意識の書き換え専門カウンセラーの恋愛教材もあるよ?

知る人ぞ知る、潜在意識を書き換えて引き寄せの法則で恋愛を成就させる心理カウンセラーの鈴木英志さんが、恋愛教材を作成して格安で提供しています。

私はもともとが英治さんのおかげで幸せになった一人なので、この教材を見つけた時は「見つけちゃった♪」という結構ラッキーな気分でした。

 

この教材の面白いところが、潜在意識に恐怖や不安を摺り込むことができるのなら、その逆も可能!というところ。

ようするにトラウマ体験が今の恋愛に影響を与えているなら、その真逆である深い愛情体験をすることで愛が芽生える。

名付けて、LOVEインフルエンス~大好きなカレを恋に落とす方法です。

 

これは自分の好きという感情を相手に伝染させていもので、具体的な方法で実践していきます。

 

依存症と言うのは、そもそもが自分に自信がないとなりやすいです。

だからこれを実践して愛されることで自分に自信を持つのもいいし、回数無制限のメールサポート付きなので相談してもいいですよね。

 

ただ心配なのが教材の値上げ。

今、せっかくの破格値なのに悩んでいる間に値上げしちゃったら勿体ない!という事で早急にご案内させて頂いてマス。

興味のある方は、今のうちに手に入れておいて下さい♪

 

その他にも、おすすめの恋愛マニュアルをランキング形式で紹介させていただいていますので、ぜひチェックしてみて下さいネ。

恋愛上手の愛され女性になるための恋愛マニュアルランキングTOP3