復縁の可能性を引き上げる冷却期間はどのくらい必要!?

復縁を成功させるためには、どのくらい冷却期間が必要なのか知っていますか。

これは付き合い方や別れた理由、別れ方によって変わってくるので一概には言えません。

 

例えば、6か月以上冷却期間を置くのがベストな時もありますが、状況によっては6か月も置いてしまうと連絡を取り辛くなり修復が難しくなることもあります。

自分に最適な冷却期間を知って復縁の可能性を引き上げましょう。

今回は復縁の可能性を引き上げる冷却期間はどのくらい必要かお伝えします。

勢い余って別れてしまった・・・冷却期間は短くて良い

別れるつもりはなかったのだけど、喧嘩の勢いで売り言葉に買い言葉。

予期せぬ別れ方をしてしまう事があります。

 

この場合は、別れた後に一切連絡を取っていないのであれば、冷却期間は1週間~2週間ほどで十分でしょう。

ポイントは「自分から素直に謝る事」です。

 

基本的に彼からの連絡を待つのですが、2週間経っても連絡がこないのは彼が連絡をするタイミングを見失っている可能性があります。

さらに1か月以上経つとこちらからも連絡しにくくなるので、2週間待つ、待っても連絡がこなければ1か月以内に連絡をしましょう。

別れ話がこじれた時や恋愛中の束縛の時の冷却期間は3ヶ月以上

元彼からの別れ話で「悪い所は直すから!」「イヤダ!別れない!」とメール・LINE・電話で総攻撃した時は少なくとも3ヶ月の冷却期間が必要です。

あと恋愛中に束縛していた場合。

  • LINEやメールは即レスするべき
  • お互いのスケジュールは把握しておくべき
  • 休みの日は一緒に過ごすべき

状況によっては6ヶ月の冷却期間が必要になります。

 

これは彼が嫌な思い出を全部忘れるまで気配を消す待つ、この2つがポイントです。

特に男性は嫌な記憶を消し去る性質があります。

だからそれを根気よく待ちましょう。

元彼に新しい彼女ができた時は3ヶ月~4ヶ月

元彼に新しい彼女ができた時でも、復縁の可能性はあります。

これは元彼と新しい彼女の恋愛の倦怠期の3ヶ月~4ヶ月が冷却期間の目安です。

 

逆に恋愛のハネムーン期と呼ばれている3ヶ月以内に連絡をしても、鬱陶しいと思われるだけ。

彼女と上手く行っていない時に思い出すのは元カノのあなたの事なので、その期間を狙うと良いでしょう。

冷却期間は失った自信を取り戻すための時間

冷却期間は相手が嫌な記憶を忘れ去り、楽しかった思い出を思い出すのを待つ期間ですが、それともう一つ、失った自信を取り戻す時間でもあります。

これがもし別れ話を切り出したのが彼であっても、彼自身の魂も傷ついています。

 

そして別れた後に「どうしてもっと、愛してあげられなかったんだろう」と後悔する、これが男性というものなのですね。

 

基本的には元彼からの連絡を待つべきなのですが、中には「女性に復縁を求めるのは難しい」と諦めてしまっている男性もいます。

もし「そうなのかな~」と思った時は、冷却期間後に明るく連絡をしてみましょう。

 

特に元彼の誕生日に「おめでとう!」と短いメッセージを送ると、復縁のきっかけになりやすいです。

この時、元彼からの返信がなくても気にしない事。

 

またしっかり冷却期間を置いて、メッセージを入れてみましょう。