自分から振ったのに後悔!元彼との復縁を成功させてより愛される方法

自分から振ったのに後悔するというのは、実はよくある事です。

 

付き合っていた頃はいろんな事が当たり前に思えてきて、相手の嫌なところばかり目に入って嫌気がさしてしまう。

そうなってくると、我慢することができずに「別れよう」といってしまいます。

 

この時、ほとんどの場合が相手の話に聞く耳持たずで、一方的に別れを告げて立ち去ります。そして、別れた直後から3ヶ月以内に後悔することが多いですね。

 

もちろん嫌気がさすほかに、結婚が難しかったり親に反対されてなどいろいろな理由がありますが、浮気以外ならほとんどの場合は復縁が可能です。

 

でも自分から振っておいて、復縁したい、寄りを戻したいなんてとても言えないですよね。

今回はそういった方のために、元彼が連絡をしたくなる方法も紹介しています。

 

まずは、あっさり復縁できるパターンからお伝えしましょう。

 

振った側でも素直に謝れば復縁の可能性は高い!

頭に血が上った勢いで別れを切り出してしまった場合、素直に謝る事で元鞘に収まるケースが多いです。

これはカッとなりやすい彼女の性格を彼氏が把握している場合は、男性が待ってくれていることがあるから。

彼氏としては「嫌われてしまった」「もうダメだ」というよりも、「今話しても無駄だから落ち着いたころに連絡してみよう」と考えている事が多いみたいですね。

 

そんな二人の関係ですから彼女の方は別れた後に、彼の優しさを思い出し深く深く後悔します。

でも、振った方が復縁したいというのは身勝手な話。

 

すぐに復縁を申し出るのではなくて、先に謝るために連絡をとり反省していることを伝えましょう。

 

きっと彼は「で、どうしたいの?」と聞いてくれるはず。

そうしたら、素直に復縁を申し出て大丈夫。

 

但し、それも回数を重ねると難しくなってしまいます。

何度も別れ話を切り出して別れる別れる詐欺になってしまうと、今度は彼から別れを切り出されて本当に別れることになってしまうので気を付けましょう。

 

他に好きな人ができたと振った場合の復縁は可能?

他に気になる人ができて振ってしまったけど、やっぱり元彼のほうが好きという気持ちになることってありますよね。

これは数年付き合ってマンネリ気味だったカップルに多いです。

 

でも「他に好きな人ができた」といって振ったのだから、元鞘に収まる事を考えずに新しい恋人との未来のために努力するべきなのですが・・・

自分の気持ちに嘘はつけないものです。

 

この場合は、もし元彼と寄りを戻すことに失敗しても、好きと思う事のできなかった人と付き合い続けるべきではないので新しい恋人とはきちんと別れたほうが良いでしょうね。

 

そして一方的に別れを告げたのですから、元彼だってまだあなたのことを好きなはず。

一度は傷つけてしまった元彼のプライドを再び傷つけてしまわないように、慎重に歩み寄りましょう。

 

結婚できないから別れたけど復縁したい・・・

どんなに元彼が好きでも、元彼に結婚できない事情があるからと別れを選ぶことがあります。

でも結婚できなくても、彼と一緒に時間を過ごすことが自分にとって何よりの幸せだと気づくのは、やはり一度別れを選んだからこそです。

 

やはり、その気持ちは素直に話すべきです。

 

ただ元彼自身が結婚の意志はなくても、やはり好きになった女性には結婚して幸せになるべきなのではないかー、と考えるきっかけにはなります。

 

もしそう言われたら一度受け止めて、しばらく考えてみて、それからまた話し合う。

 

そのくらいの覚悟は必要なのかも知れません。

自分から振ったのに復縁して以前よりも愛される方法

女性が振った側で復縁したい場合、原因が浮気以外であれば復縁できる可能性は高いです。

 

でも自分から振っておいて復縁なんて、ちょっと彼の愛情が冷めてしまいそうなんて思っていませんか?

 

愛情は冷めないまでも、また振られるかもなんて元彼が不安に思っていたら、やはり以前のように愛されるのは難しいかも知れません。

 

でも女性としては男性に「もう二度と離さない!」と力強く抱きしめて欲しい・・・と思いますよねっ!

そんな女ゴコロを彼が理解してくれていれば、私だって別れなかったのに。

 

そこで、自分で振っておきながら以前よりももっと彼に愛されたい!という自分勝手でわがままな女性におすすめのマニュアルをランキング形式で紹介しています。

 

これで復縁を成功させて以前よりも愛されてしまいましょう♪