彼氏と喧嘩ばっかりで長く付き合えるか不安になった時の対処法

喧嘩にもいろいろありますが、喧嘩の回数が多いカップルの場合は些細なことから喧嘩に発展することが多いです。

例えば

  • 彼の態度が気になって直して欲しいと伝えたら喧嘩になった
  • 私が焼もち焼きなのでそれが原因

などですね。

そして喧嘩のたびに別れ話になってしまうという方も少なくないですが、それでは関係が安定してくるどころか、逆に不安定になってしまい本当の別れを考えることになってしまいます。

別れた方がいいのだろうけど、別れたくない。

別れたくないけど、長く付き合う事を考えたら不安。

で、どうしたらいいか分からない。

 

そこで今回は「彼氏と喧嘩ばっかりで長く付き合えるか不安になった時の対処法」をお伝えしたいと思います。

彼氏と喧嘩をしてしまう本当の理由が分ればケンカが減る!?

まずは喧嘩をしないようにするためには、その原因を知る事が大切です。

喧嘩をしてしまうきっかけは、自分の思いを相手に伝えようとしたときがほとんどでしょう。

「ああして欲しい」「こうして欲しい」「〇〇されるのはイヤダ」と、自分から、もしくは彼氏から言ってきた時に納得できないで反論し、言い合いになってしまいます。

あとは売り言葉に買い言葉。

最後に別れ話になってしまう事も少なくありません。

 

まず段階的に

  1. 自分の気持ちを伝える
  2. 相手もしくは自分が納得できなくて反論する
  3. 喧嘩になる
  4. 別れ話になる

という流れになるのですが、

 

喧嘩にならないようにしよう、別れ話をしないようにしよう、と決意したり話し合いをしても、喧嘩の回数はまず減りません。

それどころか努力しているにも関わらずケンカをしてしまい、余計に落ち込んでしまいます。

 

そうなると、自分の気持ちを伝える、つい反論してしまう、というのを改善していく必要があるのですが、

  • 自分の気持ちを伝えてはいけない
  • 反論してはいけない

と思ってしまうと、それはそれで窮屈に感じてしまうものです。

 

やはり付き合っているからには自分の気持ちは伝えないと前には進まないと思ってしまいますよね。

 

でも実は、この「自分の気持ちを伝えなくてはいけない」という思いに+αの思考が加わってしまうから喧嘩になりやすいのですね。

自分の気持ちを伝える時に加えてはイケナイ思考

付き合っているからには、嫌な事は嫌と伝えるのは当然のことです。

でも、だからああして欲しい、こうして欲しいと訴えるのは、深層心理に自分の思い通りにして欲しいという支配・コントロールのニュアンスが含まれるので注意が必要です。

自分はこうされるのはイヤ。

でも、彼女がイヤなことに対してどうするかは彼に自由なのです。

 

例えば、「LINEをしたら即レスして欲しい、待っている間に不安になってしまうから」と彼に伝えたとしましょう。

でも、恐らくほとんどの男性は即レスをしてこないでしょう。

 

だって、即レスするべきだと思っている彼女と、即レスをする必要はないと考えている彼氏は、お互いさまなのですから。

 

だから

返信が遅いと不安になってしまうと伝えるのは〇

私を不安にさせないように即レスするべきだというのは×

という事になります。

 

自分の気持ちは伝えても、相手に行動を強要するのは加えてはいけない思考なのです。

彼氏が自分の気持ちを理解してくれないのは愛がないという思い込み

付き合っているのだから、~するべき、~しなければならない、という思いは多少なりともありますよね。

でも、それは不安を解消するために自分で取り決めたことであって、実際にそれが思い通りにならなかったからとといって、愛がないわけではありません。

そもそもが女性の思考は男性には理解できないし、男性の思考は女性には理解できないもの。

 

だから彼女は「私のこと好きじゃないでしょ?」と言い、彼氏は「え?なんでそうなるの?」と思うのです。

 

だって、何をどうしたって彼はあなたのことを愛しているのですから。

彼が例え嫌な気持ちを伝えてそれに対処しなくても、ちゃんと愛はあるのです。

 

それでも理解できないのは、あなたが女性であり彼氏が男性であるからなのです。

だからやっぱり、お互いさまなのでしょうね。

 

喧嘩ばかりしてしまう彼と長く付き合うコツ

理屈では分かっていても、やっぱりイザとなると喧嘩になってしまいますよね。

そこでひどい喧嘩をしても、あっという間に彼を許す事ができる方法と、喧嘩を減らすコツをお伝えしておきますね。

どうせ愛されているし・・・と繰り返し自分に言い聞かせる

恋愛中は不安になる事が多く、些細な言動で愛されてないのではと感じてしまい、その愛を確認するために自分の気持ちを相手にぶつけてしまいがちです。

そこで不安になった時に「どうせ、愛されているし」と繰り返し自分に言い聞かせるようにしましょう。

  • メールやLINEで即レスがなくても
  • 嫌だと伝えたことに対して彼が対処しなくても

だって、どうせ愛されているのですよ。

 

もちろん即効性はありませんが、何度も繰り返し自分に言い聞かせることで次第に彼の“好き”が見えてきます。

目標は、そんな彼を丸ごと愛してしまうこと。

これが本当の愛なのですから。

彼がしてくれて嬉しかった事を書き留めておく

小さな手帳でも、スマホのメモアプリでも何でもいいので、彼がしてくれて嬉しかった事をメモしておきましょう。

  • デートの時に迎えに来てくれたこと
  • 手を繋いでくれたこと
  • 送ってくれたこと
  • 誕生日に「おめでとう」と言ってくれたこと
  • 行きたい場所に連れていってくれたこと
  • 電話をくれたこと

などなど、小さな小さなことでも思い出したらすぐに書き、また嬉しかった時にはどんどん書き足していきましょう。

 

そして喧嘩をしてしまった後や、デートの前に見るようにします。

 

すると、彼に会えた瞬間がとても嬉しくなり、お互いに楽しい時を過ごすことができます。

せっかくの二人の時間なのですから、大切にしましょう。

彼氏と喧嘩ばかりしてしまうまとめ

彼氏と喧嘩ばかりしてしまうと、落ち込んでしまうし、このまま長く付き合えるのか不安になってしまいますよね。

でも喧嘩しようと思ってしている人はいません。

 

時には、喧嘩するほど仲がいい、喧嘩をしなければ気持ちは伝わらない、と言われることもありますが、基本的に些細な事でケンカをする必要はありません。

 

だって、どうせ愛されているのですから。

 

でも、それでもどうしても不安が治まらずに怒りに変わってしまうことがあります。

それは心の傷(トラウマ)が原因になっていることがほとんどで、彼氏が変わっても喧嘩が絶えないという事になってしまう可能性があります。

 

そんな時はじっくり男性心理について考え、また心の傷を癒すことが必要です。

 

もし本気で彼との関係を改善させたいなら、ジュガリの恋愛講座がおすすめです。

私が今回紹介しているのは、彼女から学んだことです。

 

彼を虜にしてしまえば、喧嘩はなくなりますからね♪