彼は私のことが好きだと思ったら勘違い!?間違いやすい言動パターンと対処法

男性が自分に対してどのくらい好意を持っているのかを、客観的に把握しておくことはとても大切です。

 

なぜなら、これから好きな人にアプローチしていくにあたって、相手の男性がまだそれほど好意を抱いてもいないのに、告白したりフライング的な行動をしてしまうと、恋愛対象外になってしまう可能性があるからです。

【付き合う前】いい感じだったのに急に冷たくなる 男性心理について

私にも経験がありますが、好きな人の言動に一喜一憂して、会話が弾むと「もしかして私のこと好き・・・?」なんて思っていたら「彼女がいる」と言われたり、結婚前は事務の仕事をしていたので「今度、結婚することになりました」と報告があったり・・・。

 

まぁ、そんなもんですよね~。

 

でもそんな場合でも、タイミングを合わせて男性の心を揺さぶることができていれば、彼女がいない男性であればお付き合いしていたケースがほとんどだったりします。

 

だから相手の男性が自分に対して、どのくらい好意を持っているかに合わせて適切なアプローチをするべきなのですが、多くの女性がちょっとして言動を“好意”と勘違いしてしまいます。

 

そこで今回は「え?もしかして彼は私のことが好きなのかも?」と勘違いしやすい言動をお伝えしたいと思います。

好きな男性の彼女になれるように、あくまでも冷静に客観的に彼の心理を見極めて、それに合ったアプローチをしていきましょう。

会話が盛り上がる

とにかく話をしている時間が楽しくて、あっと言う間に時間が過ぎ彼も嫌そうな感じではない。

ずっと笑顔だしー。

これってもしかして私のことが好きなのかも?

と思ってしまいますが、会話が盛り上がる、気が合う、のと好意を持っているというのは別の感情です。

 

特に男性はその場を盛り上げるのが好きなサービス精神旺盛のタイプもいますし、またおしゃべり好きな男性もいるものです。

会話が盛り上がるだけでアプローチするのはまだ早い!

彼に好きという感情を沸かせるためには、楽しいだけでなくドキドキさせる必要があります。

飲みや食事に誘われる

嫌いなタイプの女性を飲みや食事に誘う男性はまず居ませんが、「好きになってもいい子かな?」「あわよくば・・・」といろんな思考を巡らせながら男性は女性を食事や飲みに誘います。

いわゆるまだ試験段階。

男性は女性のように一気に人を好きになる感情は持ち合わせていないので、アプローチするのはまだ早い。

でもやり方次第では彼の恋人になれるチャンスは大いにあります。

彼氏いるの?と聞かれた

好意を持っているから「彼氏いるの?」と確認されることもありますが、社交辞令として聞いてくる男性もいます。

それが「そんなに可愛いのに、彼氏がいないなんてもったいない」と言われたとしても、まだ舞い上がるのは早いです。

この場合「妹のような存在」になっている事もあります。

大人としての女性の魅力を磨く事で彼のハートをゲットできるパターンもありますが、好きな男性が自分の友人知人に紹介しようとしている場合もあります。

 

高感度は高いので、あとはどうやって彼をその気にさせるかがポイントになってきます。

彼は私のことが好きと勘違いした時の対処法

彼は間違いなく私のことを好きだと思ったのに、男性の“好き”は女性の好きとは感情の湧き方が違うので、思い込みでアプローチするのは危険が伴います。

では、どうしたら彼の気持ちを知ることができるのかー。

というと、彼の気持ちを知るのではなく、彼が自分のことを好きになるように仕向けたらいいのです。

 

そして彼に告白させる。

 

そう言ってしまうと「そんなの無理」と思ってしまう女性も多いと思いますが、実は男って単純。

危険を冒して告白やアプローチをして玉砕するよりも、彼の気持ちを揺さぶり自分のほうへ引き寄せた方が、その後の恋愛の幸せ度も大きく変わって来ます。

 

そこで、恋愛上手、愛され女性になる方法を知る事が大切になってきます。

 

恋愛というのは、出会いは運命でその後の関係は相性次第、と思いがちですが、やはり男性心理を理解したり自分を好きにさせる方法を知っていると知らないでは大きな差ができてしまいます。

 

幸せな恋愛、結婚をしている女性は無意識のうちに、もしくは意識的に学びその方法を知っているからです。

 

逆に言えば、誰にでも愛され女性、恋愛上手な女性になれる可能性があります。

そうすれば、勘違いから本気の恋が生まれる事もありますね。